ホーム > 美容院販促コラム > 美容院の販促 > DMで美容室の集客力UP。休眠客の来店を促す4つのコツ

はじめての美容院さんへ、制作の流れ

  • 折込チラシ
  • リーフレット
  • DM
  • カード類
  • 名刺、似顔絵名刺
  • ポスター、垂れ幕
  • ホームページ作成
  • その他の美容院販促ツール
  • ヘアモデル撮影
  • よくあるご質問
  • お客様の声

ヘアモデル募集中、詳しくはこちら
美容院向け販促情報誌、無料購読はこちら

株式会社グリーングラス
〒530-0047
大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング5F
TEL:06-6926-4981
FAX:06-6361-0170
http://www.green-grass.co.jp/

スタッフ紹介

美容院販促コラム、美容院の集客につながる販促のヒントやアイデアを書きとめていきます

DMで美容室の集客力UP。休眠客の来店を促す4つのコツ

美容室の集客力を上げたいのなら、休眠客に販促DMを送って再来店を促すのが効果的です。以前はよく来店してくれていたのに、最近来られなくなったお客さま、いわゆる休眠客は、新規のお客さまと違い、あなたの美容室のことをすでに知っています。そのため、来店の不安という大きな壁がないのです。
あなたは、そんなとびきりの集客チャンスを逃していませんか。

来店されなくなった理由は、引っ越した、施術や接客に不満があった、といったきっかけもあるでしょうが、なかには、単純になんとなく行きそびれている、忘れてしまっている、という方もいます。
そんな方の来店を促すには、DMが大きな成果を生むのです。なぜならDMを見て、あなたの美容室を思い出してもらうことが大切だから。
今回は、販促DMを活用して休眠客をあなたの美容室に向かわせるための4つの集客のコツをご紹介します。

1.DMに特典を付けて、他の美容室から呼び戻す

美容室への再来店を呼びかけるDMには、値引きなどの特典を付けて、お客さまに他の美容室に行けない理由を作ってあげましょう。

来店日数が浅く、あなたの美容室の魅力をまだ伝えきれていない頃に、他の美容室から割引特典のついたチラシが届いて、お客さまは試しに行ってみる。そして、そこが気に入ったわけではないが、あなたの店に戻りづらくなって、そのまま足が遠ざかる……。

よくある状態です。きっかけを用意してあげて、戻ってきてもらいましょう。

そんなとき、大きなきっかけになってくれるのが、値引き特典。
安易な値引きは、美容室の価値を下げる、売り上げにつながらない、という考え方もありますが、意味のある値引きは全く別なのです。
常連客に戻ってきてもらう、来店の浅いお客さまにはリピーターになってもらうため、という明確な理由があるのなら、試す価値はあります。

お客さまにとっても「値引き特典の付いたDMが届いたから」という口実ができるため、助かるのです。戻りやすいきっかけをあなたが作ってあげましょう。

2.美容室のDMで、新サービスや新しい機械を導入したことを伝える

過去にサービスや設備の不備でお客さまに不便をかけていた心当たりがあり、今は改善しているのなら、ぜひ伝えましょう。

「パーマやカラーに以前と比べて、より傷みにくい技術や溶剤を使うようにしました」

お客さまが気にするのは髪のことだけではありません。シャンプー台を、お客さまの負担を軽減する最新のものに変えたのであれば、
「ラクな姿勢でシャンプーできるようになりました」

これまでオートシャンプー(自動洗髪機)に頼っていたが、
「お客さまが希望される場合は、スタッフがシャンプー&マッサージを行うようになりました」
など、伝え方はさまざま。

値引きだけが、来店を促すきっかけではありません。他の美容室ではやっていない新サービスや、設備の整った心地の良い環境も、十分にお客さまに来店を促す魅力となります。

3.指名料を無料にする

担当スタイリストが辞めたり、スタッフの接客や技術に不満を抱かせたりしてしまい、お客さまの来店を遠のかせてしまった可能性がある場合は、DMにスタイリストの一覧を載せ、指名料の無料サービスをつけるといいでしょう。

お客さまの美容室への来店動機で、「スタッフ」は重要な要素です。ずっと指名していた担当スタイリストが退社したり、他店に移ったりした場合、そのタイミングでお客さまも店を変える、というのはよくあることです。

それに、あなたの美容室で抱える他のスタイリストの技術・カウンセリングがいかに素晴らしいものであっても、体験してもらわないことには伝わりません。伝わっていない状態で、指名料と言われても困らせるだけ。
本命商品を買ってもらうためのフロントエンド商品(※)と同じで、スタイリストの技術・サービスの素晴らしさが伝われば、次はお金を払ってでも指名してもらえます。

※フロントエンド商品とは、短期的な売り上げアップよりも集客を目的とした商品のこと。例、半額サービス、居酒屋のランチなど。より利益を上げられるバックエンド商品と組み合わせて使います。

4.特別な日にDMを送ることで、売り込み感を減らす

お客さまの誕生日やあなたの美容室の記念日、クリスマスやバレンタイン、これらのイベントと合わせることで、売り込み感を減らせます。
いきなり「もう一度来てください。次こそは満足のいくサービスでお応えします」と書かれた割引券のついたDMが届いても、売り込みにしか感じません。

それに、何も考えずに値引き特典をつけたDMをむやみに送り続けるのは、逆効果になる恐れもあります。
長年来店してくれていたが、来店が途絶えた常連客に、値引き特典のついたDMを突然送っても、これまで築いてきた信頼関係を壊しかねません。
理由のない値引きに、冷たさや違和感を覚える人は多いのです。DMを送る際は、必ず送る理由を書きましょう。

>DM制作サービス

151023

休眠客になる前に手を打つ

集客するために、休眠客にDMを送って、再来店を促すのはとても有効な方法です。
しかし、さらに効果的なのは、より早く手を打つことです。日が空くほどに、あなたの美容室の印象は薄らぎます。

いつものペースなら来る時期なのに1ヵ月、2ヵ月経っても来られていないお客さまがいたなら、特典だけに頼らず、まずは「〇〇様、ごぶさたしています。お元気ですか」といったDMを送り、あなたの美容室のことを思い出してもらいましょう。他にも、トークが売りの美容師さんなら、「爆笑ネタ多数そろえました!」といった言葉や、技術が売りなら「5分でブローが決まる必殺技お教えします!」といった人柄が感じられるフレーズもお客さまの心に響くのでオススメです。

DMを送ることで、一度他店に浮気したとしても、気まずくならない環境を作ってあげられます。DMを上手に活用し、以前来店してくれていたお客さまを呼び戻し、集客につなげていきましょう。

ban_dllink

美容院販促ガイド TEL06-6926-4981美容院販促ガイド、お問い合わせフォーム
ページの先頭へ