ホーム > 美容院販促コラム > 美容院のチラシ > 美容室チラシの集客力を高める、特典の効果的な掲載方法

はじめての美容院さんへ、制作の流れ

  • 折込チラシ
  • リーフレット
  • DM
  • カード類
  • 名刺、似顔絵名刺
  • ポスター、垂れ幕
  • ホームページ作成
  • その他の美容院販促ツール
  • ヘアモデル撮影
  • よくあるご質問
  • お客様の声

ヘアモデル募集中、詳しくはこちら
美容院向け販促情報誌、無料購読はこちら

株式会社グリーングラス
〒530-0047
大阪市北区西天満2-6-8 堂島ビルヂング5F
TEL:06-6926-4981
FAX:06-6361-0170
http://www.green-grass.co.jp/

スタッフ紹介

美容院販促コラム、美容院の集客につながる販促のヒントやアイデアを書きとめていきます

美容室チラシの集客力を高める、特典の効果的な掲載方法

美容室の販促チラシで集客するためには、割引などの特典を載せることがとても効果的です。現に、美容室のチラシには、お得なキャンペーン情報が必ずと言っていいほど載っています。つまり、それだけ反響率が高いということです。

しかし、載せれば確実に集客力が高まる、とは限りません。むしろ、使い方を誤れば逆効果になることも。今回は、特典を最大限に活かし、集客につながる販促チラシにするための4つのテクニックをご紹介します。

1.来店を促すために、特典が利用できる期間を限定

チラシ片手に、美容室に来店してもらうには、特典を「希少性」と「緊急性」で限定することが有効です。

・希少性
数が限られたものに惹かれる心理を「希少性」と言います。先着30名様限定、限定50個、水曜日限定など、条件をつけることでお客さまの目には、チラシの特典が貴重なものに映るのです。さらに、人数や個数を限定することには、行動を急かす効果も期待できます。

・緊急性
有効期限を設定することで、「今すぐ行かなければ」とお客さまに思ってもらえるため、「緊急性」はとても大切な要素です。期間を定めなければ、もしチラシを取って置いてもらえたとしても、いずれ忘れられてしまいます。すぐに来店してもらうためには「特典有効期限11月末まで」といったように、使える期間をあらかじめ指定しておきましょう。

2.割引額を具体的にし、一目見ただけでお得だと伝える

チラシの特典を値引きにする場合は、30%OFFや3割引と書くだけでなく、通常料金に値引きを適用した、具体的な数字を書きましょう。通常料金が4,000円、チラシの特典の値引きが30%OFFであれば、適用後の価格である2,800円も合わせて掲載することをオススメします。
特典の魅力をお客さまに知ってもらうには、割引が適用された額を頭のなかで計算させることなく、見ただけでお得だとわかってもらう必要があるのです。

3.集客効果を本気で上げたいのなら半額割引

絶対にチラシの成果を上げ、集客につなげたいのであれば、思い切って半額割引にしてみましょう。
チラシの値引き特典は今や当たり前。そのため、10%や20%OFFでは、お客さまはなかなか振り向いてはくれません。ましてや、他の美容室のリピーターの気持ちを動かすためには、驚き、飛びつきたくなるほどの値引きが必要なのです。

そもそも、チラシの特典というのはマーケティング戦略にいう「フロントエンド商品」にあたります。フロントエンド商品とは、簡単にいうと集客目的の商品のこと。つまり、短期的な売り上げ向上よりも、集客することを優先した商品のことです。
いくら魅力的なサービスであっても、体験してもらわないことには始まりません。まずは、値引きをしてでもサービスを体験して価値を感じてもらって、リピートにつなげます。そうして、長期的に売り上げを上げることこそが、特典の目的なのです。

ただし、大幅に割り引けば割り引くほど、集客力がそれに伴って、比例して上がるわけではありません。半額以上の割引であれば、訳ありな美容室、と怪しまれることもあるので、半額を限度にしておきましょう。

4.いち押しメニューだけを目立たせ、決断しやすく

あなたの美容室のメニューで、一番人気もしくは、一度体験したらリピート必至のオススメのサービスを大きくチラシに掲載して、選択するストレスからお客さまを開放してあげましょう。

全メニューを均等に掲載し、すべて20%OFFと書かれたチラシを見かけますが、アメリカの実験により示された「ジャムの法則」によると、人はあまりに多い選択肢にストレスを感じ、一方で選択肢が少なければ、決断を下しやすいとされています。
仮に全てのメニューを掲載するにしても、オススメのメニューは文字を大きくして目立たせ、お客さまが選択で悩まない環境をつくってあげましょう。

■割引以外の特典で、販促効果を高める

値段の割引だけが、お客さまの来店を促せる特典ではありません。トリートメントなどの施術サービスや、小さいサイズの店販品、試供品のプレゼントであっても、魅力的であれば効果は十分。
半額割引の項目でも述べたように、特典は本命商品を買ってもらうためのフロントエンド商品です。気に入っていただければ、次回来店時に有料メニューからサービスを希望されたり、店販品の購入につながったりします。

kids_present2

美容室のチラシに特典をつけることは、反響率を高めるための効果的な手段です。なぜなら、特典目当てのお客さまだけでなく、来店を迷っているお客さまの背中を押す効果も期待できるから。
チラシを手にとってもらい、読んでもらえたのなら、あとは背中を押してあげるだけ。お客さまが「今、行かないと」と思わず前のめりになる特典をつけ、確実に来店してもらえるチラシにしましょう。

ban_dllink

美容院販促ガイド TEL06-6926-4981美容院販促ガイド、お問い合わせフォーム
ページの先頭へ